記事一覧

電話回線と光回線の違いは?

遠山和久です。
通信サービスで「ひかり電話」というものがあります。今回は電話回線と光回線の違いについての解説です。

まず通常の電話回線は、普通家にある差込口から電話に繋ぐものです。
ですが光回線は工事をして電話回線とは別に線を引きます。光ファイバーの幹線へと繋がる線です。

このように、今までの「電話線」を使用しないのです。
しかも、NTTの電話交換機には繋がっていますので電話も可能です。

光電話のメリット


改めて「光電話のメリット」なのですが、なんといっても「料金が安い」ことです。
例えばNTTの「ひかり電話 基本プラン」では月額基本料金が500円です。
通常のアナログ回線と比べて1/3の料金ですみます。
昔の電話では「電話加入権」というものがあり、大変高額でしたが、光電話では電話加入権は必要ありません。
そして通話料も安いのが特徴です。
NTTだと時間帯や距離に関係なく3分8円です。
また、アナログ電話よりも音質が良いです。

もしアナログ回線から光電話に乗り換えようと思った場合、今まで使用していた電話番号を残してそのまま使う事が可能です。
(新たに電話番号を取得することも可能です)


デメリットとしては、あくまでインターネット回線と合わせての使用が原則で、光電話のみでの使用ができないことです。
また、「使用できない電話番号」があります。

■接続できない番号
111 線路試験受付
112 共同加入者受付
114 お話し中調べ
122 固定優先解除
122 固定優先解除
136 ナンバーアナウンス
141 でんわばん、二重番号サービス
151 メンバーズネット
152 メンバーズネット
159 あいたらお知らせ
161 ファクシミリ通信網
162 ファクシミリ通信網
165 メール送受信
0170 伝言ダイヤル
0910 公専接続


ひかり電話(IP電話サービス) ご利用時の留意事項


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyamakazuhisa

Author:toyamakazuhisa
光コラボ・インターネット情報(あくび光・あくびネット)です。

ツイッター